注文住宅で未来の設計図を描こう|理想の住まい計画

インテリア

こだわりの住宅を

家

注文内容は絞るべき

新築一戸建て住宅を建てる場合には、建売住宅を選ぶか、注文住宅にするかのどちらかに絞られるでしょう。建売住宅は、既に建てられた家を土地とセットで購入するスタイルです。即購入でき、即居住できるメリットがあります。一方で、注文住宅は、自由度が高いメリットがあります。つまり、住宅メーカーと相談しながら、ご自身の色を出すことができるのです。北九州では、近年、注文住宅が人気を集めています。ライフスタイルに合った設計ができ、建築資材を指定することも可能ですから、世界に1つだけの住宅を作ることができます。一方で、注文住宅を建てる際に、注意すべき点もあります。それは、注文事項が多くなりすぎないようにすることです。時間とコストを抑えるためには、希望内容を絞ることが必要です。こだわる部分はこだわりながらも、時間とお金をかけるポイントを見極めることが大切です。なお、北九州には、大手住宅メーカーや地元のメーカーなど、選択肢が豊富です。品質や価格を見極めながら、最適なメーカーを選択すると良いでしょう。

土地が安い分、こだわれる

北九州市は、7つの行政区を抱える政令指定都市です。人口密度は、2000人弱と、政令指定都市の中ではゆったりとした生活が送れる特徴があります。さて、2015年の土地の公示価格を確認すると、坪単価で25万円あまりとなっています。福岡市が86万円余りということですから、かなり割安と言えるでしょう。また、北九州市の中枢となる小倉北区以外では、さらに割安なエリアも存在します。例えば、八幡東区や若松区では、坪単価20万円以内で購入することができます。小倉へのアクセスも問題ありません。このように、北九州では、注文住宅を作る上で重要な土地を、低価格で入手できる特徴があります。つまり、土地を安く購入できる北九州では、その分住宅にこだわることもできるのです。